メインイメージ
トップページ > セキュリティ

■セキュリティポリシー

東興電気株式会社(以下「弊社」)は、弊社の定めた企業理念、行動指針の遵守を基本とし、情報資産管理の徹底をめざします。
そのために、弊社で働く一人ひとりが、情報セキュリティ確保の視点に立ち、情報に関連する全ての資産を“情報資産”と定義し、機密性、完全性及び可用性の 観点から全ての情報資産に対する情報セキュリティを最大限に確保することに努めます。
弊社は、お客さま、取引先、提携先等からの信頼の確保を目指します。弊社は、活動を継続的に改善、実施する情報セキュリティ管理体制を確立し維持します。

1.セキュリティポリシーの適用範囲

弊社は、法令、各種ガイドラインや基準を遵守し、 実践するものとします。
当社の全ての従業員、役員は、セキュリティポリシーを遵守します。

2.情報セキュリティの改善

情報資産の価値の変化や、新たなセキュリティ脅威 の出現などによる、情報セキュリティ環境の変化対応や対策の評価、見直し、監査を行い、継続的改善を図ります。

3.情報システム・セキュリティ対策

当社情報資産を保護するために、不正アクセス対 策、ウイルス対策、漏洩対策、信頼性対策など情報システムに対するセキュリティ対策を実施します。

4.情報セキュリティ事象への対応

情報セキュリティ事象が発生した場合は、発見者は 速やかに管理責任者にその内容を報告し、管理責任者は直ちに関係者に報告すると共に、必要に応じて緊急措置を講じることとします。これら情報セキュリティ 事象については、その原因を分析し再発防止策を講じます。

5.事業継続管理

偶発的に発生する災害・故障・過失及び意図的に発 生する情報資産の流用・悪用などによる事業の中断を可能な限り抑え、事業の継続を確保します。

6.セキュリティポリシー違反に対する措置

従業者が本ポリシーに違反した場合は、懲戒手続き の対象とし厳しい態度で臨むこととします。
                                                     
  東興電気株式会社